.

投資先には様々なものがあります。毎月決まった額が手に入ることから、アパートやマンションを投資先と考える人は多いと思います。やはり、長い人生で安定的にお金を得ようと思ったら、このように長期間にわたって収益が上がるものを投資先に選ぶことは、大変手堅いことなので、このような行為は投資の王道だと思います。 しかし、不動産投資をするためには、初期投資にある程度多額のお金がかかるため、残念ながら誰もが容易く始められるものではありません。 しかし、比較的小額で不動産投資ができるものがあります。それは不動産投資信託と呼ばれるもので、様々な人達から資金を集め、不動産に投資する金融商品の一種です。 これは現物の不動産投資よりも小額で買える金融商品です。もちろん証券取引所に上場されているので、証券会社を通じて誰もが自由に売買できます。 不動産投資信託の収益源は投資先不動産の賃料によるので、これを購入することは、少ない資金で不動産に投資していることとほとんどかわりがありません。不動産投資信託の配当金の利回りも通常の企業よりも高い傾向にあります。

Copyright (c) 2000 www.rikpvr.com All Rights Reserved.