.

自動車重量税、略して重量税という税金は、国産メーカーの車もしくは外国の車というような愛車の生産している国やエコカー、クーペというような自動車の形状に例外なく、たとえばミツビシや等にも同じように納付しなくてはならない税なんです。新車登録をする場合、あるいは定期的にある車検の場合に払わなければいけない税になります。その額はクルマのウエートによって定められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べるとまったく別の税金ですからしっかり理解して混同しないようにしましょう。「自動車重量税という税金はクルマの重量毎に」「自動車税という税金は車の排気量によって」税額が変わります。それで、引き取りの時の待遇も違ってきますから注意が必要です。クルマを手放す際には既に納めた車の税額がいくらあってもその税金が戻ってくるようなことはないです。一方自動車税の場合は既に納めた税額を査定額に乗せてくれるといった事例がありますが、重量税の時は上乗せになる場合はほとんどないのです。重量税については、いくら既に支払った額が残っているからと言って自動車専門店の方でその事実が材料になるケースはまずないと思います。そのため次の支払い分かりやすく言えば次回の車検まで待ってから査定に出すということが一番良いと思います。中古車の引き取り時は考慮されないのが重量税ですが一定の条件の事例では還付されることがあります。これに当てはまるのは次の車検までの期間が残っている車を廃車として処理する場合。つまり抹消登録をした時に残っている車検期間に従って税金が返金されます。しかし自動車引き取りの際はその車が廃車になるのとは違って返ってきません。それに、クルマの名義の変更をした際や、盗まれた時なども返金してもらうことは不可能です。自動車重量税の残存期間がある愛車を売るということは、要は車検期間が残っている自動車です。その辺りを買取店も計算に入れますので重量税の残存期間があればそれなりに買取額が増えると思います。もちろん、買取額は買取業者によって違ってきますが車検の効力がまだある事実を考慮していただければ愛車の売却額からみたらそんなに損をするということもありません。

Copyright (c) 2000 www.rikpvr.com All Rights Reserved.