.

考えもせずに突発的に出あってしまうのが自動車の事故です。

この場面でどうやって作業する結果により保険金の受け取り額も相当変化することもありますので正確な決断と行動力が大切です。

思いつきもしない出来事に出会って混乱してしまうと大事な状況を忘れてしまい大損をしてしまう場面もあるので交通事故に巻き込まれたケースは適切に次に述べる対処を行います。

自動車の事故をしてしまった時に最初にしなければいけないのが怪我をした人の状況を確認する必要があります。

自動車の事故の後は動揺してショック状態になってしまう時がありすぐに行動できないのが一般的です。

その場合、怪我をした人がいたならば危険じゃないところに移して応急処置を施し周りの人に助けを求める等して要救助者優先に努めることが重要です。

119番に電話をする場合は的確な事故があった場所を伝え、分かりにくい場所では辺りの目に留まったスーパーや交差点を伝えて事故が起こった場所が分かるようにします。

その後に警察署に通報し事故を起こしてしまった事また状況を説明します。

救急車と警察が来るのを待っている時に事故の相手の事を確認します。

氏名、住んでいるところ、免許車のプレート事故の相手側の自動車保険の会社名と言った互いの情報を交換します。

その時に相手に過失があるような場合は、即刻片付けようとする場面がよくありますがその場でやり取りするのではなくどのケースだとしても警察や自動車の保険会社連絡してちゃんと調査してもらうようにしましょう。

互いの内容を教えあったら他の交通のじゃまにならないために邪魔な物を道から除去します。

もし邪魔な物が他人の自動車の妨げとなっている状態では、それぞれの情報交換をする以前にこの対応を終わらせてしまっても問題はないです。

その次に自らの掛金を支払っている自動車の保険会社に連絡して、自動車での事故があった事を電話します。

一定期間の時に自動車保険の会社に連絡しておかないと、交通事故の保険の適用除外とされることも想定されるのでなるべくすぐに連絡することが大事です。

可能ならば事故の現場の証拠になるように、コンパクトカメラや携帯等を用いて事故やマイカーの壊れた箇所が分かる写真をを写しておきます。

それは過失の割合決定する際にかなり大きな証明となりますので、自らの車や先方の愛車の故障個所を正しく証拠に残しておいてください。

目撃した人がいればおまわりさんや保険会社の人が辿り着くまで事故現場に待機してもらうよう呼びかけることも大事です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.rikpvr.com All Rights Reserved.