.

契約店舗で全てのカードが使用可能なわけでもない▼クレカ会社の契約店舗は、たくさんのカードブランドと契約していますがいかんせん全ての契約店であらゆる種類の所有カードが使用できるのでもありません。

例えば昔ながらの店舗のときはJCBマークの付いたそのクレジットカードしか決済不可な状況もあるし、近頃の契約店ではビザやマスターカードといった印のカードしか使えないときもあるものです。

ディスカバーなどのカード会社ならもっと決済不可な状況が増えるのではないでしょうか。

何のブランドの所有カードが使えるかどんな方法で見分けたらいいの?「ではどうやって何の印のカードが使用可能かというのを判断したらいいのか?」という質問ですが正しくチェックするんだったらお店の誰かにお見せしてみるのみ、というのが実は正解。

ただ大部分の店やホテルには店舗の入口のところに決済可能なカードの印がプリントされたシールが掲載されているから「そうなんだその店はダイナースカードが使えるんだ」というのが分かりやすくなってるし心配しないようにしていただけるとよいと思います。

しかし、しっかりと契約管理が出来ていない店舗で切るときには、マークが貼られているのに「今はお客様のクレカはお使いいただけません」などという回答をされるケースもあるわけで、とまどってしまうこともなくもないです。

やはり可能な限りはより多くの加盟店舗で使用できるようにする目的でもう一つの印(インターナショナルな印)が入っている一般的なVASA、JCB、ダイナーズというようなカードを2枚以上は持つようにしたほうがよいと思います(例えば:VISAカードを使っているならもう一方はMasterCard付きのクレカを使用するほか)。

特に日本では、VISAカード、マスターカード、JCBの3つのブランドが入っているクレカをいつも使えるようにしておけば、間違いなく全国の加入店舗で3枚のうち少なくとも1枚のクレカを提示するよう準備万端というわけです。

クレカを契約して日々ポイント取得を目指すためには、言うまでもないが少なくともこの3枚のクレジットカードを財布に忍ばせておいてほしいとおもいます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.rikpvr.com All Rights Reserved.