外壁塗装の仕事をお願いするとき、リフォームに失敗する人と成功する人がいるのですが、それはどのように違うのでしょうか。
外壁塗装のリフォームをする時に失敗するのは、知識不足で、失敗することが多いのです。
外壁塗装の仕事は、直接職人がするか、他の業者にだすかで大きく違いがあります。
外壁塗装で失敗しないために信頼のある業者に仕事をお願いしましょう。
失敗しないためには、持っている資格、許可などで業者を選ぶとよいです。
塗装技能士の合格証明書や建設業の許可証などをもっているほうが今の外壁の状況などに合わせた適切な工事を適切な価格で行ってくれる知識をもっているので信頼して任せることができます。
資格は絶対に必要なものではないのですが、一級塗装技能士は取得するまで2年で2級を取得し、その後、実務を7年が必要なので、最低でも9年塗装の仕事に携わっているので、外壁塗装の腕は確実にあがり、実績を積み重ねているので、綺麗に丁寧な外壁塗装ができるでしょう。
職人というのは、実績がものをいう仕事なので、経験はとても大事な要素になります。
外壁塗装では、施工が終わったあとでもアフターフォローがしっかりしている所を選びましょう。
塗装をぬったらおしまいではなく、塗ったあとでもアフターケアが行き届いている業者は信頼性がある業者です。

参考はこちら →外壁塗装 失敗しない 仕事

関連記事